So-net無料ブログ作成
検索選択

45歳の日系カナダ人 エボラ出血熱の疑いで国立国際医療研究センターに搬送 [国内]




スポンサーリンク


27日夜、西アフリカに滞在していた45歳の日系カナダ人ジャーナリストの男性が

羽田空港でエボラ出血熱などの1類感染症に対応する国立国際医療研究センターに搬送された

国立感染症研究所村山庁舎(武蔵村山市)が男性の血液を検査しており、

28日未明にエボラウイルスかどうか判明する見通し。



とうとう、日本にも来たか。

対岸の火事とのんびりと構えてはいられなくなった。



男性は,8月18日にエボラ出血熱の取材でリベリアに入国。

首都モンロビアに滞在し、今月18日に出国した。

その後、ベルギー・ブリュッセルに滞在していたという。

27日午後3時35分ごろ、ロンドン発全日空278便で羽田空港に到着。

検疫所でリベリア滞在歴を自ら申告し、

空港で体温を測ったところ37・8度あったため搬送された。


リベリア国内では病院に行ったり、患者と接触したりしたことはないというが、

エボラ出血熱の取材目的でリベリアに入国したのに、それはないだろうと思う。


万が一を考えて搬送し、検査を行っているとのことらしいが、男性に何もないことを祈りたい。


男性の乗っていた航空機の乗客乗員数は206人。

他の乗客への連絡や今後同じ機体を使うかどうかは、厚労省の指示を待って判断するとのこと。

すでに、ニュースで知っているだろうから、不安だろうと思う。



28日未明にエボラウイルスかどうか判明する見通しだが・・・





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。