So-net無料ブログ作成
検索選択

官邸に「ドローン」墜落 小型カメラ、液体入り容器搭載  [国内]




スポンサーリンク


安倍晋三首相は外遊中で不在の

首相官邸の屋上ヘリポートで22日、午前10時20分ごろ

小型の無人飛行機「ドローン」1機が官邸職員に発見される。

ドローンは直径約50センチ、プロペラが4枚ついたヘリコプター型だった。

容器のほか小型カメラや発煙筒のようなものが2本積まれていた。

ドローン周辺では微量の放射線が測定され、

放射線を示すマークとともに

「RADIOACTIVE」と表記されたシールが張られた容器が積まれており

セシウム134、137を検出した。

放射線は微量で人体に影響はないという。

容器は茶色で蓋がされ直径3センチ、高さ10センチぐらい。

液体が入っていると見られるが中は見えない状態で鑑定を進める。




警視庁公安部などは、

何者かが意図的に侵入させた疑いがあるとみてるが、

飛来した時期は不明で、犯行声明もないという。

けが人や建物の破損なども確認されていない。


セキュリティシステムは当然のこととして、しっかりしているとは思いますが、

監視カメラ等は、空に向けてとか、屋上とかは設置されてないのか?

できないの?

危機意識が低いのでしょうか・・・

庶民の疑問です。




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。