So-net無料ブログ作成

本当は怖い無人飛行機「ドローン」




スポンサーリンク


ドローンとは英語で雄の蜂やその羽音などを意味し、

無人で飛行可能な飛行機全般を指している。



現在、日本国内で流通するドローンはほとんどが中国製で、

16万円程度で販売されている。

高度10メートル程度まで飛ばすだけであれば、5万円台からある。


空撮による観光PRから、人が立ち入れない災害現場の捜索まで

可能性は無限に広がる。

だが、使う側次第で便利な「道具」が「凶器」にもなり、

テロの危険性を指摘する専門家もいる。



アメリカでは、1月にホワイトハウス敷地内にドローンが墜落する騒動を報じた。

これは操縦に不慣れなシークレットサービスが飛ばし敷地内に落としただけだったが。

チョットした騒ぎになっていた。


フランスでも昨年10月以降、原発や軍事施設周辺の上空で目撃例が相次ぎ、

1月の連続テロ以降も2月23日から25日の深夜、

エッフェル塔や米国大使館近くの上空などで少なくとも5機が確認されたという。




日本では、オウム真理教が、

ラジコンヘリを用いてサリン空中散布計画を企てたことがあった。

農薬散布ができるぐらいのドローンであれば生物兵器攻撃に用いることも可能だと危ぶまれる。



国土交通省によれば、ドローンを飛ばす際、

航空法上、空港周辺を除く地上150メートル未満では特に規制がない。

事前に空港事務所に飛行計画を出せば、150メートル以上の高度でも飛ばすことができる。

法規制がないだけに、

ドローンを使って要人暗殺などが行われることも考えられる


市販のドローンを改造するパターンもありえるだろう。

モーターとプロペラを大型化すれば20~30キロの爆弾を積んで

自爆テロにも転用できると

軍事アナリストの黒井文太郎氏が語っている。



なんだか映画の世界のようだが、ありえない話ではない。

現実問題として、早急な対策が求められる。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました