So-net無料ブログ作成

巨人の謝罪が続く 今度は声出しに現金やりとり [国内]




スポンサーリンク


巨人の謝罪が続く 

巨人の大半の選手が、自軍の公式戦の勝敗を対象に

「声出し」と呼ばれる現金のやり取りに参加していた問題で、

また、また、高木選手の野球賭博についで、謝罪

声出しには1軍選手の大半が参加していたことも判明した

日本野球機構(NPB)が、野球協約に抵触しないと判断したという理由で

巨人は、このことを知りながら、公表を控えていたという。


NPBは、声出しは「敗退行為にはつながらない」として

野球協約に抵触しないと判断。

巨人は「少額でげん担ぎ、で賭け事とは異質」として公表しなかった。


巨人の森田清司総務本部長によると、

声出しは、成績が低迷したことを機に始まり、

試合前に投手陣と野手陣が別々に組む円陣で

激励の声出しをする係に対し、

巨人が勝つと1人5千円を渡し、

負けると声出し係が全員に1千円を渡していた。


1回当たりのやり取りの総額は投手陣が6万円、

野手陣が8万円の計14万円で、

一部を除いて大半の選手が参加していたという。



阪神でも円陣「声出し」やノックで現金やりとり

似たようなことがあったのは否定していない。

チーム内で試合前の円陣での「声出し」やノックで

現金のやりとりがあったことを認めた。


高橋由伸監督1年目。

明るい話題で満載のはずだった開幕前に、気の毒に・・・

開幕前に、逆風が続く。

口元を引き締め、表情を硬くした、高橋監督・・・

しっかり野球をやって信頼を回復していくしかない。

ファンの方々の期待に応えられるプレーをしたい・・・

頑張ってください。

これ以上、騒動がないことを祈ります。


高橋由伸監督も、一緒に「げん担ぎ」をしていたのですか?

チョット、気になります。





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました