So-net無料ブログ作成
検索選択

100億円の新アトラクション USJ [国内]




スポンサーリンク


 USJが新型コースター公開

大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は

新型ジェットコースター「ザ・フライング・ダイナソー」を公開した。

15周年イベントの第1弾として18日から動かす。


いすに座ったまま前に倒れて

体と地面が水平になったような状態でスタートする。

翼竜のプテラノドンに背中をつかまれた人が、

空中を飛び回る設定。


全長は1124メートルで、高低差は51・9メートルある。

身長制限があり132センチ以上、198センチまで。

翼竜につかまれ  ちょっとした恐怖の飛行

先行体験した人は

「頭から真下に落ちるようで、今までにない恐怖だった」と話していた。



ちなみに、100億円のアトラクションは、ほかにも、

よみうりランドの新アトラクション「グッジョバ!!」


3月18日に開業予定の、

モノづくり体験型の新アトラクション



駐車場だった遊園地入り口付近の敷地2.4万平方メートルに、

日産自動車や日清食品など大手企業をスポンサーに

自動車食品ファッション、文具という

4つの「工場」を新設、

計15の新アトラクションを設けた。

グッジョバ!!の総投資額は約100億円。


イルミネーションイベントの人気でよみうりランドの入園者数は

直近5年で約2倍と右肩上がりが続いている。


狙いはジェットコースターなどは、

決められたとおりに乗るだけの「受け身」の遊び場から

工場見学など「体験型」の「攻め」の遊び場である。



4つの「工場」では、ワークショップを通じて

クルマや即席麺などの実際のモノづくりを体験できる。

高度成長期のモノづくりを担った祖父母世代が孫世代に、


楽しみながら自身の仕事体験を伝えられる場を目指している。

このままの遊園地では頭打ちになる

という危機感が100億円投資という、大勝負にでたのか。



乗って遊んで体験して楽しむのは、庶民だが

庶民の感覚とは違うところで、

巨額を投じたアトラクションができてゆく。


ま、庶民は自分のお財布の心配だけすればよいか。

楽しも!!っと。









スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。