So-net無料ブログ作成
- | 2014年10月 |2014年11月 ブログトップ

45歳の日系カナダ人 エボラ出血熱の疑いで国立国際医療研究センターに搬送 [国内]




スポンサーリンク


27日夜、西アフリカに滞在していた45歳の日系カナダ人ジャーナリストの男性が

羽田空港でエボラ出血熱などの1類感染症に対応する国立国際医療研究センターに搬送された

国立感染症研究所村山庁舎(武蔵村山市)が男性の血液を検査しており、

28日未明にエボラウイルスかどうか判明する見通し。



とうとう、日本にも来たか。

対岸の火事とのんびりと構えてはいられなくなった。



男性は,8月18日にエボラ出血熱の取材でリベリアに入国。

首都モンロビアに滞在し、今月18日に出国した。

その後、ベルギー・ブリュッセルに滞在していたという。

27日午後3時35分ごろ、ロンドン発全日空278便で羽田空港に到着。

検疫所でリベリア滞在歴を自ら申告し、

空港で体温を測ったところ37・8度あったため搬送された。


リベリア国内では病院に行ったり、患者と接触したりしたことはないというが、

エボラ出血熱の取材目的でリベリアに入国したのに、それはないだろうと思う。


万が一を考えて搬送し、検査を行っているとのことらしいが、男性に何もないことを祈りたい。


男性の乗っていた航空機の乗客乗員数は206人。

他の乗客への連絡や今後同じ機体を使うかどうかは、厚労省の指示を待って判断するとのこと。

すでに、ニュースで知っているだろうから、不安だろうと思う。



28日未明にエボラウイルスかどうか判明する見通しだが・・・



ヒマラヤ豪雪、数十人遭難か、邦人5人の安否不明 [海外]




スポンサーリンク


山での自然災害事故が海外でも発生した。

ネパール当局は16日、

ヒマラヤ山脈・アンナプルナ連峰で14日に起きた吹雪と雪崩により、

これまでに32人が死亡したと発表した。

このほか、100人以上の登山者らと依然として連絡が取れない状態だという



暴風雪で外国人旅行者多数が死亡した事故で、

安否不明の旅行者の中に日本人5人が含まれているらしく、

ネパール日本大使館が安否確認を急いでいる。

大使館などによると、ここ数日の間に

アンナプルナへの入山許可を得た日本人旅行者15人のうち、

いまだ個人で入山を申請した5人と連絡が取れていないという。

実際に雪崩のあった地域に入ったかどうかも、連絡が取れていないので不明だ。


現場は通信事情が悪く、確認作業が難航しているらしい。

ヒマラヤ山系は大型サイクロンの影響で時期外れの豪雪に見舞われ、

外国人旅行者が多く訪れる人気のトレッキングルートなどで雪崩が発生、

30人近くが死亡した。

ネパール当局はこれまでに、吹雪で足止めを食らった旅行者117人を救助したが、

数十人以上と連絡が取れていない。

正確な情報は取れていないらしいが、自然の災害の怖さは想像を絶する。

自然に魅せられて近づく者に、自然は時により冷たい仕打ちをするものだ。

邦人の安否も早くわかることを願う。


御嶽山、年内の捜索活動打ち切り 雪に阻まれ二次災害の恐れ [国内]




スポンサーリンク


台風19号が過ぎて、富士山の初冠雪も見られ
急に寒くなって、冬めいてきたようです。

噴火で、56人が死亡し、依然として7人が行方不明となっている
御嶽山での捜索は

16日、今年の捜索活動を打ち切ると長野県災害対策本部が発表した。

山全域の捜索をほぼ終えた上、
積雪などで二次災害の危険性が高まっているため、

阿部守一知事が最終的に判断した。

記者会見した阿部知事は
「家族の帰りを待っている方がいる。苦渋の決断」と述べた。

雪が解ける来春以降に火山活動のレベルをみながら捜索再開を検討する。

ただ、自衛隊に協力は求めず、地元の警察と消防で実施する方針とのこと。


20日間の捜索は雨、火山ガス、台風、そして強風と雪

自然の猛威に振り回された日々だったという。



「凍った火山灰にスコップが入らない」

「自分たちの身を確保するのが精いっぱいだった」

今季最後となった16日の捜索を終えた捜索隊員たちは疲れ切っていた。

標高3000メートル前後の山頂付近で

火山灰に埋もれた行方不明者を捜すという前例のない活動は、

冬の到来に行く手を阻まれ終了した。



災害が起きるたびに思うことだが、

救助、復興に駆り出される、消防、警察、自衛隊の方々には本当に頭が下がる。

テレビの報道で、火山灰に足元を奪われながら懸命に捜索されているのを見ながら、

ご苦労様ですと声をかけたい気持ちです。

まだ見つかっていない方のご家族の気持ちをを考えると辛いのですが、

捜索が再開されたら必ず見つかるようにと祈りたいですね。



- |2014年10月 |2014年11月 ブログトップ