So-net無料ブログ作成
検索選択

ヒマラヤ豪雪、数十人遭難か、邦人5人の安否不明 [海外]




スポンサーリンク


山での自然災害事故が海外でも発生した。

ネパール当局は16日、

ヒマラヤ山脈・アンナプルナ連峰で14日に起きた吹雪と雪崩により、

これまでに32人が死亡したと発表した。

このほか、100人以上の登山者らと依然として連絡が取れない状態だという



暴風雪で外国人旅行者多数が死亡した事故で、

安否不明の旅行者の中に日本人5人が含まれているらしく、

ネパール日本大使館が安否確認を急いでいる。

大使館などによると、ここ数日の間に

アンナプルナへの入山許可を得た日本人旅行者15人のうち、

いまだ個人で入山を申請した5人と連絡が取れていないという。

実際に雪崩のあった地域に入ったかどうかも、連絡が取れていないので不明だ。


現場は通信事情が悪く、確認作業が難航しているらしい。

ヒマラヤ山系は大型サイクロンの影響で時期外れの豪雪に見舞われ、

外国人旅行者が多く訪れる人気のトレッキングルートなどで雪崩が発生、

30人近くが死亡した。

ネパール当局はこれまでに、吹雪で足止めを食らった旅行者117人を救助したが、

数十人以上と連絡が取れていない。

正確な情報は取れていないらしいが、自然の災害の怖さは想像を絶する。

自然に魅せられて近づく者に、自然は時により冷たい仕打ちをするものだ。

邦人の安否も早くわかることを願う。